持続可能な暮らしをクリエイト・伊豆の大地と戯れる9日間

村・留学 伊豆半島’22春

持続可能な暮らしをクリエイト・伊豆の大地と戯れる9日間

伊豆は関東圏のリゾート観光地や別荘地として知られています。
一方で、ユネスコ世界ジオパークに認定されているその大地の成り立ちは、小さな半島にたくさんの表情を与えてくれています。
海、山、川、温泉が手軽に楽しめるため、自然に惹かれ、持続可能な暮らし方を目指す、若いファミリー層の移住者も増えています。
ものづくりをする人々やアーティスト、場づくりをする人々が多く、そんな移住者コミュニティと、郷土愛に溢れた地元の方達との融合から生まれる、個性的な人々との出会いを楽しんでいただきたいと思っています。

そして、ダイナミックな自然と戯れることによって、五感を目覚めさせ、自分の内面と向き合う時間を作る機会にしていただきたいです。

伊豆半島’22春にエントリーはこちら

  1. プログラムの特徴
  2. こんな人に
  3. 主催者
  4. アクセス

プログラムの特徴

農的暮らしの体験

田植え前の代掻きから田植えまでを体験

当たり前じゃない日常

古民家での合宿にて、便利ではない暮らしの共同生活を体験

持続可能とは?(サスティナブル講義)

サスティナブルな暮らしの実践・啓蒙活動や取り組みをしている方の講義と場を見学(沼津・循環ワークス)

伊豆の大地の成り立ちを知る

火山の噴火からできた伊豆半島の大地の脈動を感じる。(大室山周辺〜城ヶ崎海岸)
大自然の中で遊びながら、日本列島と伊豆半島の成り立ちを学ぶ。

「食」を通して丁寧に暮らしてみる

共同生活では調理もみんなで協力。料理ができない人も積極的にチャレンジしてみる。料理の先生が何人かいるので特別メニューの日があります。素材一つ一つの命を考えるきっかけにもなる「食」を丁寧に扱う合宿。

こんな人に

・持続可能な農的暮らし方に興味のある人

・自然が大好きな人

・面白い人に会ってみたい人

・生き方を模索している人

・好奇心旺盛な人

主催者

平山 早苗(ひらやま さなえ)

【プロフィール】

合同会社マザーアース  代表 平山早苗

<アロマセラピスト・リフレクソロジスト・エステティシャン・天城流湯治士>

自然療法を学んでいた1999年映画「パッチアダムス」を観て感動。

実在のアダムス・ハンターに憧れ、私も日本に「セラピー村」を創りたいと夢を抱く。

2001年 離婚を機にひとり息子と犬を連れて伊豆に移住。

周囲の人に助けられ伊豆高原に小さなリラクゼーションサロン&フェアトレード雑貨店「マザーアース」をオープン。エステブームの波に乗り、ホテルやスパ施設などにサロンを展開しスタッフの育成にも力を注ぐ。一方で、癒しのコミュニティスペース「izuピースヴィレッジ」の運営を始め、数々のイベントを実施。

2013年

ひょんなことから、ひきこもり・不登校児童を預かるNPO法人を引き継ぎフリースクールを開校。少ない生徒との関わりの中で社会問題と現実との狭間に自問自答の日々が続く。そんな中、かねてより研究していた和精油の歴史が伊豆のクロモジにあることがわかり、6次産業化を目指し、黒文字の精油搾油事業再興の「クロモジプロジェクト」始動。

2021年現在

クロモジ蒸留の作業場兼ワークショップの場として借りている古民家で、周辺の耕作放棄地の利活用から、田んぼ・畑・伊豆産大豆の栽培を通し、子供達の未来に繋がる、里山コミュニティを体現している。

「温故知新」で実験を繰り返しながら、暮らしをクリエイト中。

アクセス

各地域
※京都駅からの場合、新幹線で2時間半程度
※東京駅からの場合、新幹線で1時間、電車で2時間程度

三島駅(静岡県)
↓伊豆箱根鉄道駿豆線 各停 修善寺行
修善寺駅(所要時間およそ40分)
※事前研修後に村・留学生のLINEグループができます。そちらで細かい集合についての調整が出来ます。

PAGE TOP