島根 隠岐諸島島前×教育

地方×教育の最前線のあり方から学び、これからの地域と教育とジブンを考え、実践する9日間

超少子化・超高齢化・超人口減少社会の最先端課題地域、島根県隠岐諸島・島前。主催者は、多様な教育プログラムの開発・実施、持続可能な学びの共同体づくりの挑戦を2年間行ってきた。この島々には、島留学の取組を通じて、地域全体でこどもや若者を育てる文化や、チャレンジの機会を自ら作る環境を構築する仕事、今も残る原風景、食の豊かさや人のつながりがある暮らしがある。
サスティンブル講義では、自分の手で学びを作っていくフィールドワークや学校教育・地域教育・起業家教育などの実践者を講師として招き、生の声から学び、地域・教育・自分の未来を考え、実践するプログラムを予定。学びの島、島前での9日間を。

隠岐諸島1期生にエントリー

  1. プログラムの特徴
  2. 募集要項
  3. 主催者
  4. アクセス

プログラムの特徴

これからの地域×教育を学ぶ

実際の教育現場を見ること。挑戦し続けるプレイヤーとともに、コミュニケーションをとっていくことで、地域教育の問題の本質と複雑性に関する理解を深め、これからの地域・教育・ジブンを考える。

地域全体でこどもを育てる暮らしを体験


自分たちの暮らしは、全てはだれかの教育や学びに繋がっている。

3つの島を巡るフィールドワーク


3つの島で、人や自然と直接出会う9日間。頭でっかちにならないためには、手足を動かす。

学びをともにする共同体


参加者は学ぶ共同体。主催者とも主客関係はない。自分の経験や人生の目的をもとに深く学びたいテーマを自分自身で突き詰める。たくさんの人との出会いの中で自主的に学びを進めていくこと。主催者や地域の方からアドバイスをもらいながら各々の目的をもとに独自の学びをつくっていく。

暮らしまるごと自分たちの手でつくる


日々の暮らし自体も持続可能な社会づくりの学びの一環。参加者は、一つ屋根の下で暮らす。畑、料理、掃除等の役割を皆で毎日ローテーションして担う。Nightミーティングを設けています。

旅の終わりは旅のはじまり


地域×教育、ジブンのこれからについて考えるための実践の旅が終わり、新しい視点を持ったひとりひとりが島から帰ったあと、どのように新しい旅に向かうのか?どこに向かうのか?円座になって、アウトプットします。

 

 

募集要項

隠岐島前の教育や島留学の取り組みに携わりたい方、関心のある方

学校事務・教員や野外教育施設などの取り組みに携わりたい方・関心のある方

塾・ホームスクーリング・フリースクールの開発、実施に関心のある方

こども・若者・青少年向け教育プログラムの開発、実施に関心のある方

キャリア教育、地域教育プログラムの開発、実施に関心のある方

教育視察、教育旅行、教育ツアー、ラーニングツーリズムの開発、実施に関心のある方

高校3年生以上の方(村・留学初日時点)

※その他の事由で参加を検討されている方は、ぜひご相談ください。

主催者プロフィール

【プロフィール】

余島 純(よしま じゅん)
広島県福山市出身。NPO・行政・学校教育に3年間携わり、キャリア教育・教科指導・広報・学生寮の立ち上げに従事。現在は独立し、「生涯を通じて学び続けることのできる環境を整える」をミッションに、隠岐島前地域にあるゲストハウスよしまんちを拠点とした教育・観光プログラムや小中高大学生向けオンラインメンタープログラムの開発・実施、自治体/地域おこし協力隊向けワークショップ・研修・パーソナルコーチを行う。

【ジブンの要素を10個あげてみる】

#有り余るほどの豊かさを(名前の由来)#生涯を通じて学び続けることのできる環境を整える #井の中の蛙 #冒険する蛙 #離島に新卒で移住して起業 #観光を学びに変換 #観光知 #月1移動生活 #2月結婚しました! #毎日散歩

【実績】

・内閣府主催青少年育成リーダー研修会

・経済産業省中国経済産業局主催令和元年度中国地域創業支援担当者会議~創業支援塾~

・株式会社ジブンノオト主催起業家教育「合宿研修」in周防大島vol.3

【メッセージ】

参加者や地元の方々と旅をつくっていけること、ありがたき、幸せ!隠岐でお待ちしております!

アクセス

<お車でお越しの方>

七類港・境港は、無料の駐車場がございます。長期の滞在のため、お車でのご来島をおすすめいたしますが、ご不明点がある場合は、余島(jy.manjero@gmail.com)までご連絡ください。

 

<公共交通をご利用の方>

注意:アクセスは複雑なパズルになっております。ご自身でパズルを組み立てることも可能ではございますが、公共交通機関をご利用の方or関東以北からお越しの方は、お手数をおかけいたしますが、余島(jy.manjero@gmail.com)までご連絡ください。

 

□九州・関西・中四国・中部地方からお越しの方

・松江駅から

(連絡バス)松江駅〜七類港→(フェリー)七類港〜来居港

・米子駅から

(連絡バス)米子駅〜七類港→(フェリー)七類港〜来居港

 

□関東からお越しの方

・羽田空港から

①     (飛行機)羽田空港〜米子空港→(タクシー)米子空港〜七類港→(フェリー)七類港〜来居港

②     (飛行機)羽田空港〜米子空港→(連絡バス)米子空港〜境港→(フェリー)境港〜別府港→(内航船いそかぜ)別府港〜来居港

 

□関東以北からお越しの方

お手数をおかけいたしますが、余島までご連絡ください。

 

□連絡バス・船便の時刻表

https://www.oki-kisen.co.jp/timetable/?day=2020%2F03%2F04

※2020年冬の村・留学は交通費サポートのクラウドファンディングがあるため、1人2万円までの交通費サポートがあります。
※先着17名まで

PAGE TOP