村・留学の声

村は大きなシェアハウス?

村・留学がきっかけになった

僕が村・留学に参加したのは2月末のことでした。
そこは日本一の積雪量を記録した事もある豪雪地帯で、
その村へ行った時の第一印象も”雪”。
民家の入り口は雪でわからないくらいに尋常な量じゃなかった!

でも、村・留学ではそんな厳しい環境で生活をしている人たちの知恵も
垣間見ることができました。
雪を消すために常に水が噴き出している消雪装置
民宿にあった昔ながらの囲炉裏
そこにあったのは厳しい冬を乗り越えるために
昔から受け継がれてきた文化でした。

たくさん文化に触れて、生活に触れて、自然に触れた村・留学。
その中でも特に印象に残ったのは、人の温かさでした。
宿泊先の女将は私たちを快く迎え入れてくれ、
また初対面の僕の進路の相談にも、親身になって乗ってくれた。
「村の人は温かい」って何となく思ってたけど、それを今回の村・留学を通じて実感することができて嬉しい気持ちになりました。

「人の温かさ」に感動して、また会いたくなった。

僕はこの「人の温かさ」に惹かれ、アルバイトとしてGWにまた女将さんのところへ行ってきました(笑)

そこは、2月に行った時とは、また大分景色が違っていました。すさまじい量であった雪はほとんど溶け、背後にそびえ立つ新緑で染まった山や、見ているだけで足がすくみそうな千曲川の清流が流れる渓谷……。冬には見ることのできなかった部分も感じ取ることができ、四季の自然がとても豊かであることを感じました。

そしてここでも強く私を惹きつけたのが、村の人たちの寛容さでした。
女将のご親戚の方達と食事をご一緒させてもらったり、
いつもお手伝いに来ているおばさんが、
村・留学で企画していた山菜取りツアーへの帯同を
二つ返事でOK出してくれたり。
「バイトなのにこんなにご馳走してもらっていいの⁈」
ってくらい山菜やイワナや鹿肉など山の幸をたくさんいただいたりもしました。

その時になんだか懐かしいような、温かい気持ちになりました。
そういえば僕の実家も宴会をする時は、親戚近所ひっくるめて家に集まって騒いでいました。僕はその騒々しくも、温かい感じが好きでした。それをここに照らし合わせていたんだと思います。

このような宴会や、おすそわけの文化、田畑での共作業などから見られるように、村の人達は1人では生きてはいない。皆で苦楽を共にして生きていることを知りました。ある人は「毎日朝から一軒一軒回ってお菓子を食べてお話しているから、お昼ご飯なんていらないよ。確かにめんどうだけど、大変な時は皆一緒だからね。」と笑って話していました。

まるで大きなシェアハウスだ。

宮武優太郎 関東学院大学 文学部 3年 

関連記事一覧

村・留学公式twitter

村・留学公式facebook

PAGE TOP