留学生の声

自分の感情

もう二ヶ月前なんて信じられないくらい、記憶は鮮明で、あの透き通る海が忘れられません。
与論島は私が小学生のときから行きたかった場所でした。
ずっとずっと恋焦がれていた与論で私は多くのものを取り戻し、また再発見できました。
池田家での机を囲んだ食事、初めてあったばかりなのに温かく受け入れてくれる地元の人、美しい自然、
私のために泣いてくれたり、腹を割って話せる仲間に出会えて私は幸せでした。
ただ、人の優しさに触れ、信頼しあうだけでこんなにも生きていると実感できるのかと心から感激しました。
DSC_0094
都会にいたときの私は感情がなく、
毎日が楽しいのか悲しいのかさえわからないくらいに無表情で無機質で、
常に人を疑い生きてきました。
参加する前は正直9日間で何が変わるのかと思っていました。
でも、自然に囲まれ、人の優しさに触れるにつれて、少しずつ感情が表に出てくるようになりました。
最後の日にみんなで話したときに、人前であんなに号泣したのは初めてでした。
IMG_4362
たった9日間だったけれど、9日間以上のものを得ることができました。
英語でthe Earthとかnatureの代名詞がSheって表されるのは母なる地球とか大地に示されるように、
人間だけでなくこの地球上に生きとし生けるものは全て地球という大きな流れの中において
生かされていることを人と自然と関わることで知りました。
その中で私は生きている実感を得ることができ、人として幸せな時間を過ごすことができたことに感謝しています。
IMG_1698

関連記事一覧

村・留学instagram更新中!

村・留学公式twitter

村・留学公式facebook

PAGE TOP